コインチェック(coincheck) ザイフ(Zaif) ビットフライヤー(bitFlyer) 仮想通貨のはじめ方 仮想通貨取引所 初心者向け

仮想通貨取引所(コインチェック/ビットフライヤー/ザイフ)に口座開設しよう

投稿日:2017年11月30日 更新日:

仮想通貨投資をはじめるにあたって、最初にやらなければならないのは「国内の仮想通貨取引所に口座を開設する」ことです。最初は海外の取引所に登録しても何もはじめられません。その理由をわかりやすく解説しますね。

仮想通貨のイメージ画

仮想通貨投資で最初にするべきこと

ポイント
ビットコイン(BTC)が人気だから今すぐ買いたい!と思っても、取引所に口座がないと買えません。それも、国内の取引所に口座がないと最初の仮想通貨を購入することはできないんです!

国内の仮想通貨取引所に口座開設が必要な理由

仮想通貨はネット上の通貨になりますから、紙幣や硬貨といった「現金」がないことはご存知ですよね。

最初に仮想通貨を購入するには、国内の「仮想通貨取引所」に口座を解説する必要があるのですが、それはなぜでしょう?

 

「日本円を扱えるのは国内取引所だけ」だから。

 

これが、その理由です。

多くの日本人は、普通に日本円で生活をしていますから、仮想通貨投資にお金を入れる時も日本円ですよね。

ところが、海外の取引所では、ドルは扱っていても「日本円は扱っていない」というところがほとんどです。

1ビットコイン(BTC)120万円、という数字がネットニュースなどでも流れますが、あの数字も日本国内の取引所の中での数字になります。

 

複数の取引所に登録すべき理由

「1ビットコイン(BTC)130万円」というニュースが流れる時に、必ず「〇〇取引所によると」という注釈がついたりしますよね。

実は、

取引所ごとにビットコインなどの売買価格は異なります!

A社では120万円だけど、B社では118万円、なんてことも普通にあります。

この記事を書いている今現在の、国内取引所ごとの1ビットコインの価格をピックアップしてみますね。

 

コインチェック   1,181,755円
ビットフライヤー  1,177,592円
ザイフ       1,214,623円

 

なんと 価格差37,031円 にもなります!

これだけ価格が開いてしまうと、少しでもお安い取引所で購入したくなりますよね。

 

このような取引所間の価格差を利用して利益を出す方法を「アービトラージ」と言います。

安い取引所で購入した仮想通貨を、高く買い取ってくれる取引所で売って利益を出す、ということですね。

上の例でいえば、
ビットフライヤーで1,177,592円で購入したものを、ザイフに移動させてからザイフで1,214,623円で売却します。

売買手数料や送金手数料などがかかりますが、それでも3万円以上の利益が確定します。

 

アービトラージは多少テクニックも必要なので、仮想通貨投資の初心者にはおすすめしませんが、取引所によってこれだけの価格差が出ることは知っておいた方がいいと思います。

価格差以外にも、取引所ごとにと特徴がことなりますので、今回紹介する3つの取引所については全部登録しておくことをおすすめします。
(口座開設だけなら無料ですし、取引所ごとに異なるお得な特典も実はいろいろありますょ。)

 

仮想通貨で資産を増やしていきたいということであれば、海外の取引所も積極的に利用します。

日本円を元にして国内の取引所で購入した仮想通貨を、海外の取引所に送金して、そこでしか売買していない特定の仮想通貨を購入したりICO(企業による仮想通貨を使った資金調達)に参加することができるようになります。

このあたりのことは、別の記事でまたご紹介しますね。

 

取引所ごとに売買価格が異なる理由

取引所に登録して口座開設が完了すると、いよいよ仮想通貨取引ができるようになります。

日本円を銀行振込などで取引所に入金して、そのお金で欲しい仮想通貨を購入することができるわけですね。

仮想通貨取引所でビットコイン(BTC)などを売買する場合、その相手もまた同じ取引所で売買をしている人たちに限定されます。

A社でビットコインを購入する場合、その取引はA社に口座を開設している人たちだけの間でやり取りされている訳です。

A社では買いたい人が注文を多く出していて値上がりしているのに、B社では売りたい人の方が多くて値下がりしている、というような現象が起こっています。

ここが、株の売買とは大きく違うところであり、取引所ごとに売買価格が異なっている理由になります。

 

前出のアービトラージを使わない場合でも、複数の取引所に口座開設をしておくことで、仮想通貨投資がしやすくなります。
これは、実際に仮想通貨を購入して売買をしていくうちに理由がわかります。

 

アービトラージイメージ図

 

 

おすすめの国内仮想通貨取引所の特徴

国内の取引所でおすすめのところは3つあります。それぞれの特徴を比較していきますが、これから仮想通貨をはじめるなら、この3社には必ず登録しておくことをおすすめしています!口座開設は無料です( *´艸`)

国内取引所

 

コインチェック(Coincheck)の特徴

コインチェック(Coincheck)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

コインチェック(Coincheck)は、国内最大級のビットコイン取引所。

管理画面が使いやすく、仮想通貨投資の初心者は必須の取引所です。

登録方法も簡単なので、最初に口座開設するのはコインチェックがおすすめです。

取扱い通貨は、他の取引所に比べて格段に多く、現在13種類あります。

 

【取扱い仮想通貨】

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラッシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャシュ(BCH)

 

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

成海璃子ちゃんのテレビCMでもおなじみのビットフライヤー(bitFlyer)、このロゴに見覚えがある人も多いと思います。

このビットフライヤーを仮想通貨投資の初心者に特におすすめしたい理由があって、余剰資金がたくさんなくても仮想通貨投資をしなくてもビットコイン(BTC)がもらえる仕組みが整っているのです。

無料で口座登録すると、楽天・じゃらん・ZOZOTOWN・GU・成城石井・ピザハットなど、誰もが知っている有名企業でのお買い物額に応じてビットコイン(BTC)がもらえてしまうんです!(会員登録やアンケート回答でもらえるものもあります)

ビットコイン(BTC)って、2017年11月末現在では130万円くらいまで高騰しているのでなかなか手が出せないのが実情ですが、諸々の理由から絶対保有していた方がいい通貨なんです。

どうせ、毎日のようにどこかでお買い物はしますよね?
その時にひと手間するだけでビットコインが手に入るんです。こんなお得なことはありません!!

 

【ビッコインがもらえるのはココ】109ショップより抜粋

  • 楽天
  • じゃらん
  • H・I・S
  • 一休
  • ZOZOTOWN
  • GU
  • 成城石井
  • ピザハット
  • ドミノピザ
  • トイザラス
  • イオン
  • マツモトキヨシ
  • 大丸松坂屋
  • ベルメゾン
  • ニッセン
  • Franfran

ザイフ(Zaif)

ザイフ(Zaif)

モナコイン

ザイフは、毎月一定額を積立預金感覚で投資していく「ザイフコイン積立」が人気です。

月々決められた金額を銀行口座から引き落として、毎日のようにリスクを分散しながら指定したコインを購入し続けてくれます。

購入したコインはご自分のウォレットに入るので、いつでも自由に引き出したり投資に回したりすることができます。

1ビットコイン(BTC)が130万円近くになってしまった今では、一気に大金を籐椅子るのに抵抗がある人も多いです。

「ザイフコイン積立」は、あまり大きな冒険はしたくないけど着実に仮想通貨を貯めたいという女性に人気のようです。

そして、人気急上昇中の日本発仮想通貨「MONAコイン」を扱っているのもザイフならではです。

 

まとめ

ポイント
仮想通貨をはじめる時には、まず国内の仮想通貨取引所に登録します。コインチェック・ビットフライヤー・ザイフの3社には全部登録しておくといいですよ。全部、無料ではじめられます。

取引所の口座開設は無料

取引所の口座開設は、無料です! 口座を作るだけならお金は必要ありません。

取引所に口座を開設したらすぐに入金しなければいけないと思っている人もいるようですが、そんなこともありません。

とりあえず口座開設をして、どんなことができるのか管理画面をいろいろと触ってみるのがおすすめです。

そして、使いやすいと思った取引所に銀行振込などで入金し、興味のある通貨を購入していくことになります。

 

3つの取引所の全部に登録をおすすめする理由

これまで書いてきたように、それぞれの取引所ごとに他の取引所にはないような特徴があります。

ビットコインという通貨を持っていると、あらかじめ決められたハードフォーク(分裂)をする時に新しいコインが付与されることがあります。

これまでにも、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンド、ビットコインリザなどがハードフォークにより付与されてきましたが、付与されるか否か、どのタイミングで付与されるかは、取引所側が一方的に決めてしまうのです。

この時に、A社でビットコインを保有しているのにA社では新コインの付与を見送るかもしれないとなったら、どうしますか?

あらかじめB社・C社に口座開設がしてあれば、決められた期限までに送金手続きをしてビットコインを移動させるだけで、新コインを無事にもらえたりするわけです。

最近では国内取引所の対応が遅いため、海外の取引所にビットコインを移す人が増えています。

ですが、海外の取引所では日本円での取引ができませんから、ビットコインを国内取引所で日本円で買ってから、海外に移すという方法になるわけです。

海外の取引所もおすすめのところがいくつかありますので、別の記事にてご紹介させていただきますね。

 

 

-コインチェック(coincheck), ザイフ(Zaif), ビットフライヤー(bitFlyer), 仮想通貨のはじめ方, 仮想通貨取引所, 初心者向け
-, , , ,

Copyright© 仮想通貨の増やし方 , 2019 All Rights Reserved.